ブログ

ワイヤ橋梁用支柱製品<国立研究開発法人 土木研究所様>との意匠登録のお知らせ

昨今、高速道路の暫定2車線及び片側1車線区間では、正面衝突による死亡事故が多発しております。

その対策として、中央分離帯に「ワイヤロープ式防護柵」設置が推奨され、土工区間では工事も順調に行われております。

さらに橋梁区間でも「ワイヤロープ式防護柵」の本格設置が進められておりますが、橋梁区間は土中区間と違い、スリーブが打てない為「基部プレート」を設置することになりました。

そこで二輪車への安全性向上のため、国立研究開発法人 土木研究所様と、基部プレートに保護材を被せることで二次災害を軽減する製品を開発いたしました。

国立研究開発法人 土木研究所 寒地土木研究所様のホームページワイヤロープ式防護柵 リンク集にて 基部プレート式橋梁用支柱基部保護材 として 弊社の製品『WR橋梁用支柱基部保護材』をご紹介いただいております。

基部プレートに両側から柔軟な保護材を被せるだけの簡単施工です。

施工手順はこちら⇓

⇓『ワイヤロープ橋梁用支柱基部保護材』のリーフレットもございます。詳しくはこちらをご覧ください。

 

  • ワイヤ橋梁用支柱製品<国立研究開発法人 土木研究所様>との意匠登録のお知らせ はコメントを受け付けていません。
  • 新着情報

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る