MC-TPU (Micro Cell Processed TPU)

MC-TPU
熱可塑性ポリウレタン発泡ビーズ

MC-TPUは、BASFジャパン株式会社が熱可塑性ポリウレタンエラストマー(TPU)を特殊技術により発泡ビーズ化した新素材です。

 写真 BASFジャパン株式会社 提供

MC-TPUとは

・一見、ビーズクッションなどに使用されている発泡ビーズ(EPS)のような外観ですが、全く別世界の驚異的な反発弾性と柔軟性があります。
・圧縮永久ひずみが小さく、へたりにくい材質のため強い負荷や繰り返しの圧縮が掛かる用途にも展開が期待できます。
・独立発泡のため、水に浮きます
低硬度のMC380、高硬度のMC396の2種類があり、用途によって使い分けが可能です。
・成形方法・密度により風合いや特性がコントロールできます
バインダーやスチームでの成形が可能です。

☟※スマートフォンで図表をご覧いただく場合は、横向きでご覧ください。

詳しくは、お問い合わせください。

MC-TPUの4つの特長

①高反発弾性
<鉄球の落球試験比較>

MC-TPU(E-TPU)は、EPS(発泡ポリスチレン)、EPP(発泡ポリプロぴレン)と比較して1.75~3.5倍の反発力があります。

 

②機械的強度、柔軟性に優れる
<引張強度・破断時伸びの比較>

MCーTPUは、なかなか千切れません。

 

③圧縮永久歪が小さい
<圧縮試験>

MC-TPUは、強い力で押し潰しても復元します。繰り返し圧縮試験では、歪が1%以下

 

④耐ねじり特性

ねじっても破断しません

 

詳しくは、お問い合わせください。

MC-TPUの加工方法

①TPUフィルム、生地等に封入する
②バインダー(接着剤)で成形・・・圧縮あり、なしで空隙を調整できます。
③スチーム成形

加工方法一覧

スチーム成形 例

用途例

緩衝材用途、寝具(マットレス、まくら)、リハビリ、スポーツ、救命具、防災用品など

 

詳しくは、お問い合わせください。

ページ上部へ戻る