MC-TPU練習

MC-TPU 熱可塑性ポリウレタン発泡ビーズ

MC-TPUはBASFジャパン㈱社が熱可塑性ポリウレタンエラストマー(TPU)を特殊技術により発泡ビーズ化した新素材です。

・一見、ビーズクッションなどに使用されている発泡ビーズ(EPS)のような外観ですが、全く別世界の驚異的な反発弾性と柔軟性があります。
・圧縮永久ひずみが小さく、へたりにくい材質のため、強い負荷や繰り返しの圧縮が掛かる用途にも展開が期待できます。
・独立発泡のため、水に浮きます。
・低硬度のMC380、高硬度のMC396の2種類があり、用途によって使い分けが可能です。

・成形方法・密度により風合いや特性がコントロールできます。

・バインダーやスチームでの成形が可能です。

写真 BASFジャパン㈱提供

 

グレード 規格 MC380 MC396
粒子見掛け密度 Kg/㎥ JIS K 6911 150~300 150~300
 
成形品密度 Kg/㎥ JIS K 6767 300 250 250
成形方法 スチーム OR バインダー スチーム バインダー バインダー
圧縮応力 10% kPa JIS K 6767 55 20 70
25% 125 90 280
50% 295 245 580
圧縮永久歪
(23℃)
JIS K 6767 3 4 4
引張強度 kPa JIS K 6400 1050 500 800
伸び JIS K 6400 500 250 150
引裂強度 KN/m JIS K 7311 12 6 9
反発弾性 JIS K 7311 57 52 25

上記データは測定値の代表値であり、保証値あるいは製品スペックではありません。

 

 

詳しくはお問い合わせください。

MC-TPU 4つの特長
①高反発弾性
鉄球の落球試験比較
MC-TPU(E-TPU)は、EPS(発泡ポリスチレン)、EPP(発泡ポリプロぴレン)と比較して
1.75~3.5倍の反発力があります。

 

②機械的強度、柔軟性に優れる
引張強度・破断時伸びの比較
MC-TPUは、なかなか千切れません。

③圧縮永久歪が小さい
圧縮試験
MC-TPUは、強い力で押し潰しても復元します。繰り返し圧縮試験では、歪が1%以下

④耐ねじり特性
ねじっても破断しません

 

詳しくはお問い合わせください。

MC-TPUの加工方法
①TPUフィルム、生地等に封入する
②バインダー(接着剤)で成形・・・圧縮あり、なしで空隙を調整できます。
③スチーム成形

加工方法一覧

スチーム成形 例

 

用途例
緩衝材用途、寝具(マットレス、まくら)、リハビリ、スポーツ、救命具、防災用品など

詳しくはお問い合わせください。


ページ上部へ戻る